借地権の譲渡の承諾の規定

契約上で何らの規定もなければ借地権の譲渡(主に売却で贈与や交換も含む)を自由にすることはできません。したがって、契約書に何ら規定をしなくても、法的には借地人は自由に借地権を売却することはできないということです。だからといって規定をしなくてもよいということではなく、売却などをするときは、地主の承諾が必要になることを知ってもらうことが大切です。<a href=https://www.dana-dranov.com/leasehold-right/>https://www.dana-dranov.com/leasehold-right/</a>