売買市場でのリスク

〈物件の内容〉 担保物件について重要なことは,それがどのような不動産であるかということです。不動産売買にまつわるトラブルは相変わらず多く,国土交通省や都道府県主管課に持ち込まれる苦情件数だけでも,年間2万件にのぼっています。宅地建物取引業法で定められている重要事項の説明不備(とくに都市計画法等,法的制限や所有権等の権利<a href=https://acaf-msa.com/risk/>https://acaf-msa.com/risk/</a>